任意売却と競売の違い

ご大きな差がある「二つの売却」

任意売却と競売との差は下記のように存在し、それぞれ大きなメリット・デメリットがあります。
危機的状況にあるならば、冷静に正しく現状を把握した上で一刻も早く当センターへご相談下さい。

任意売却 競売
売却価格 市価に近い販売価格 市場の6~7割
プライバシー保護 配慮されます 配慮されません
残債務の返済 少なくなります 多く残ります
退去時期 交渉可能 強制的に退去
相手との交渉 当社が行います ご自身での交渉
売却後の居住 方法により可能 ほぼ可能性がありません
相談料 任意売却完了まで無料 弁護士料などが必要
現金が残る可能性 ある ほぼない
完了までの期間 短め 長め

任意売却のデメリットは?

任意売却にはデメリットというデメリットはありません。

しかし、売却をしてしまいますので、身内間売買やリースバックなどが出来ない方は引っ越さなければなりません。
それから、売却後も債務が残りますので、金融機関の信用情報(通称:ブラックリスト)には掲載されます。
このことは、任意売却しなくても、それ以前に住宅ローンの返済滞納が始まって2ヶ月から3ヶ月経った時点で、すでに掲載されています。
(本人か本人の承諾を受けた者なら、信用情報がブラックになっているかどうかを知ることができます。)

任意売却を検討する緊急度

緊急度 「期間入札の通知」が届いた。「期限の利益の喪失通知」が届いた。「競売開始決定通知」が届いた。住宅ローンの支払いが困難になった、すでに滞納している。住宅ローンの滞納はしていないが、支払いが苦しい

秘密厳守 事前相談・お問い合わせはこちら 住宅ローン 差し押さえ 競売 フリーダイヤル 0120-940-443 電話受付 9:00~20:00 水曜定休

  • 事前相談・お問い合わせメールフォーム
  • ワンクリックメール相談